【 プロジェクションマッピングについて 】

 

プロジェクションマッピングとは、映像やコンピュータグラフィック等をスクリーンのような平面に単純投映するのではなく、建築壁面やオブジェクトなどの立体物、または凹凸のある面にプロジェクター等で投映する映像手法のひとつです。

映し出す映像素材にはスクリーンとなる対象と同じ立体情報や表面情報を持たせ、投射の際にぴったりと重なり合うようにすることで、その映像の動きや変化により対象物が動いたり、変形したり、または自ら光を放つ様に感じさせる幻想的かつ錯視的な映像表現となります。

 

プロジェクションマッピングの「マッピング」→「マップする」とは、投映対象の表層に映像という素材を貼り合わせる、という意味があります。(※他にビデオマッピングや3Dマッピング、ビジュアルマッピング、3Dプロジェクションマッピング等とも呼ばれます)

対象が持つデザインや・凹凸といった情報を利用しながら、映像による光や陰影を与えることで、対象が持つ素材感や立体感がある時はより立体的に、そしてあるときは 全く別の表情を浮かび上がらせ、さらには動かないはずのモノが本当に動いているかの様なリアルな立体感、空間感を表現することができます。

 

プロジェクションマッピングが昨今注目を集めているのは、単純に珍しい表現という以上に、楽しく夢のある表現であるという点にあります。現実(投射する対象物)とバーチャル(映像)が組み合わさることにより、創造的で、新鮮な表現や感動を生み出すことができます。

 

【 プロジェクションマッピング実例紹介 】

 

当社では主に結婚式や記念式典などにおいて会場壁面を使ったプロジェクションマッピングを行っております。

以下は過去の制作実例です。